勝手に口コミ

ROCKPORT(ロックポート)の靴は履きつぶしてナンボ!?愛用の二足をご紹介♪

「おいおい、履きつぶしたきたない靴の写真を載せるなよ~…」

不快に思う人もいるかもですが、お許しを。

私、気に入った靴があると、ボロボロになるまで履きたおすクセがありまして(笑)

ここ2年ほどは、ROCKPORT(ロックポート)の2足だけを、日替わりで履いています。

これがもう、信じられないくらい、履きやすくて…

今日は、そんな私の愛靴(?)をご紹介したいと思います。

ROCKPORT(ロックポート)とは?

ROCKPORTロゴ

ROCKPORTとは、米国はマサチューセッツ州ニュートンを拠点とする靴のメーカー。

1971年に、ソール・L・カッツ氏とブルース・カッツ氏の親子によって設立されました。

ROCKPORTが目指したのは、「伝統的なデザインと、革新的な履きやすさを併せもつ靴」

カッツ親子のこの着想は、まさしくイノベーションでした。

スニーカー並みに履きやすく、活発に履きこなせるビジネスシューズの誕生です!

1990年には、ロックポート副社長のトニー・ポスト氏が、自社製「ドレスポーツ」を履いてニューヨーク・シティ・マラソンを完走。

長距離マラソンにも十分に耐えられる「革新的ビジネスシューズ」の存在をアピールしました。

(ちなみに、同社は、2015年にアディダス社に吸収合併されています)

ROCKPORTの真骨頂!?軽快なウォーキングシューズ

ご紹介したい一足目は、黒光りする革製のウォーキングシューズ(スニーカー?)

だいぶ履きつぶした感じがしますけど(笑)

ROCKPORTウォーキングシューズ

表面がつやつや。

肌ざわりが上品でスベスベ。

さわると、とても気持ちよいんです。

靴底 靴の側面(ROCKPORTのロゴ)

履きごごちは、とても軽やか。

足がふんわりと包まれる感じ。

靴の存在をほとんど感じません。

私の足は、典型的な日本人の足型で甲が広いのですが、このスニーカーはピタリとフィットします。

いちど、この軽やかさを味わってしまったら、他のふつうの靴が履けなくなる…

とにかく、とても履きやすいので、「これでもか!」というくらい何回も何回も履きつづけたら、靴のつま先のところに割れ目ができてしまいました…(T T)

吉祥寺コピスの中にRockportのお店が入っているので、持ち込んで修理を依頼しました(たしか、修理代が数千円かかった記憶が)

修理から戻ってきた靴は、バッチリ元どおり♪

ただ、ふさがれたはずの継ぎ目に、ちょっとだけスキマが残っていたみたいで(笑)。

雨の日に履いて外を歩くと、継ぎ目から水が染み込んできて、冷たい。

まあ、でも、この靴は、晴れた日を選んで履くようにしているので、ノープロブレムです(笑)

もう一足のROCKPORTは、ゴワっとしてるのに軽い!

さて、もう一足のROCKPORTが、こちらの茶色の革靴。

もう一足のROCKPORT

デザートブーツ風、とでもいいましょうか。

ちょっと厚手の革なので、見た目は重厚感を感じるかもしれませんが。

履いてちょっと歩くと、その軽さに驚かされます!

ゴワっとしてるのに、軽い。

「コイツ何言ってるのかよく分からない…」

そう思うかもしれませんが(笑)

なんとも説明しようのない、不思議な履きごごちなのです…

革が厚いので、履くと足全体がホンワカと包まれる感じ。

履いたことのある人じゃないとなかなか伝わりづらいのですが、この独特の感覚こそが、ROCKPORTの魅力なのですよね…

冬に履くと、とても暖かいです。

ただ、逆に、夏に履くとちょっとムレますね(笑)

(↓ROCKPORT独自の防水加工「HYDRO-SHIELD(ハイドロシールド)」で雨水の侵入を防ぐ!?#)

HYDRO-SHIELD

この靴も、たぶん何百回(!)と、履いたと思います。

おかげで、カカトはこの通りボロボロ(笑)

みなさん、靴を履くときは、ちょっと面倒でも靴ベラを使いましょうね(笑)

ABOUT ME
あぶらかたぶら
妻と子供ふたりの四人家族。 東京都在住。 株式投資歴10年以上。投資の失敗経験もあり。 美味しいお酒と、音楽を聴くのが大好き。