勝手に口コミ

ロボダッチ『宝島』復刻版を購入!…するも、もったいなくて作れない(笑)私の箱レビュー

「宝島」パッケージ

こんにちは。モアイパパです。

「ロボダッチ」って、ご存知ですか?

1980年前半に、男子のあいだで人気のあったプラモデルのシリーズです。

コロッとしたかわいい体型のロボットたちを、島(しま)などのセットにジオラマ風に並べて遊べる。

ロボダッチのシリーズは、「海賊島」「南洋島」「プロレス島」とか、もう何でもアリで(笑)いろいろ出ていたのですが。

その中でも、いちばん大きくて、子供たちのあこがれのマトだったのが、「宝島」。

当時で、値段がたしか4000円〜5000円はした記憶があるんですよね。

一般庶民の小学生にとっては、大金ですよ。

もはや高級プラモ(笑)。

お金持ちのクラスメイトの家に遊びに行くと、バーンと飾ってあって。
うらやましく思ったものです。

けっきょく、私は子供時代に「宝島」を手に入れることはありませんでした。

それから、20年もの時が流れ…

あの「宝島」がまさかの再販!

2008年に、アオシマ社が、なんと、ロボダッチシリーズの復刻版の限定再販を発表!

あの「宝島」も!

「このチャンスを逃したら次はないかも!?」

…ということで、まよわず購入♪

購入価格は、8,000円くらいだったかな。

(その後は、1万円を超えてきていますね。
ちなみに、復刻版が出ていない「見張台」や「ガイコツ砦」は、当時の10倍の価格でヤフオク!やメルカリで取引されています)

ワクワクするパッケージ!

いやあ、それにしても、なつかしい。

なんとも楽しいパッケージ♪

『財宝が隠された伝説の島に海賊たちがやってきた』

往年のロボダッチファンにはたまらない(でも興味のない人にはなんだかよく分からないw)キャッチコピー。

財宝が隠された伝説の島に海賊たちがやってきた

主役の海賊タマゴロー(眼帯がトレードマーク!)、タマゴローの永年のライバルであるロボZ、などなど。
人気のロボダッチが勢ぞろい!

ロボダッチ24体

う~む、なんというか、今の時代だと絶対に登場させられないキャラクターも…(苦笑)

「いけにえ岬」とか「くいしんぼう村」とか、ネーミングが時代がかっていてステキ♪

あ、ロボZが密かにピンチですね!?

くいしんぼう村

プラモデルの完成イメージ!塗装が上手ですね~。

プラモデル完成イメージ

いや〜、もう、このパッケージをツマミに酒が飲めるくらいです。

箱をあけると…パーツがずらり!
ロボダッチが24体いるので、パーツ数も多いです。

プラモデルのパーツ

もったいなくて組み立てられない…

本来なら、このあとの展開は、

「いざ、プラモデルを組み立てよう!」

…となるところなのですが。

もったいなくて作れない(笑)

作りたい気持ちはすごくあるし、子供たちからも「作ろうよ〜」とせがまれるのですが、どうしても封を開けられない…

作ってしまうと、昔の思い出が一緒に消えてしまうというか、それっきりになってしまうような気がして(T T)

なので、作らずに収納に保管してますw

たまに取り出しては、箱をながめて楽しんでいます。

妻からは「その感覚がまったく分からない」といわれますが(笑)

さあ、また箱をそっと閉じて、飾っておこう…

ちなみに、ロボダッチについてもっと詳しく知りたい方は。

Wikipediaでロボダッチについておそろしくマニアックな解説が読めます!

ABOUT ME
モアイパパ
妻と子供ふたりの四人家族。 東京都武蔵野市在住。 ネット系IT企業勤務。 株式投資歴10年以上。投資の失敗経験もあり。 美味しいお酒と、音楽を聴くのが大好き。とくに、ジャズ、60年代~70年代の米国・英国のポップ音楽。