教育・子育て

子供のヨガ、どんな効果があるの?海外の研究事例を調べてみた

海辺で遊ぶ子どもたち

こんにちは、モアイパパです。

最近、梅雨で低気圧な日が続いているせいもあるためか、娘の体調があまりすぐれません…

とくに雨の日は頭がクラクラするとのことで、低気圧で自律神経やホルモンバランスが乱れているのかも。

加えて、学校での人間関係の悩みも出てくる年頃なので、精神的なストレスもたまっているのかもしれません。

なんとかしてあげたい。

子供が心身ともにスッキリするには、ヨガが効果あるのではないかな?

ふと思い立って、海外の研究事例をいくつか調べてみました。

子供向けヨガ:単なるゲームを超えた効果あり

ハーバード・メディカル・スクール(ハーバード大学 医学大学院)が発行する機関誌『Harvard Health Publishing(ハーバード・ヘルス・パブリッシング)』に、医学博士でありヨガのトレーナーでもあるマーリン・ウェイ氏が「More than just a game: Yoga for school-age children」という興味深い記事を寄稿しています。

意訳すると、「子供向けのヨガには、ただのゲームを超えた効果が!」といったニュアンスでしょうか。

ウェイ氏によると、ヨガやマインドフルネスが子供の発育に大いにポジティブな効果があることが、数々の研究から明らかになっているということです。

記事の中でも、とくに勉強になった部分を抜粋して意訳してみます。

Yoga is becoming increasingly popular among American children. A national survey found that 3% of U.S. children (1.7 million) did yoga as of 2012 ? that’s 400,000 more children than in 2007.

米国の子供たちのあいだで、ヨガの人気がどんどん広まっている。
政府の調査によると、2012年には、米国に住む子供の3%にあたる170万人がヨガを体験した。
2007年と比べて40万人も増えた。

Yoga and mindfulness offer psychological benefits for children as well. A growing body of research has already shown that yoga can improve focus, memory, self-esteem, academic performance, and classroom behavior, and can even reduce anxiety and stress in children.

ヨガとマインドフルネスは、子供の精神発育にプラスの効果をもたらす。
集中力、記憶力、自己肯定、学業成績を向上させるだけではなく、子供がいだく不安の感情やストレスも軽減できることが、数々の研究から明らかになっている。

Emerging research studies also suggest that yoga can help children with attention deficit hyperactivity disorder (ADHD) by improving the core symptoms of ADHD, including inattentiveness, hyperactivity, and impulsivity. It can also boost school performance in children with ADHD.

ヨガは、ADHD(注意欠如・多動性障害)の子どもの症状を改善する助けにもなることが分かってきた。

現代の子どもたちは過去のどの世代よりも強いプレッシャーにされされている ― 子供を精神的苦痛から解放する手段としてのヨガ

次に、ノルウェー科学技術大学(NTNU)のIngunn Hagen氏と、NYはニュースクール大学のUsha S. Nayar氏が2014年に共同で発表した論文「Yoga for Children and Young People’s Mental Health and Well-Being」を見てみましょう。

両氏は、現代社会に生きる子どもたちが急激なグローバリゼーションなどの影響で多大なプレッシャーに直面していると指摘。

子供たちの精神的苦痛を和らげる手段として、ヨガの効果を説いています。

We have observed that children are quite good at hiding their distress and emotional stress from their parents, since they do not want their parents to worry on their account. They desire to please their parents by their “appropriate” and “socially right” behaviors.

私たちが観察したところによると、子供たちは、感情の痛みやストレスを感じていたとしても、両親にバレないように隠すことがとても上手である。親に心配をかけたくないからだ。

子供たちは、お行儀がよく、社会的に正しい行動を取ることで、両親を喜ばせたいと考えている。

There are also examples of today’s youth who demonstrate more serious attitudes than those of earlier generations. For instance, in Norway, as in some European countries, youngsters use less drugs than did previous generations, perform better academically, and are more active participants in society and in elections.

現代の若者は、過去のどの世代よりも「マジメ」である。
例えば、ノルウェーでは、他のヨーロッパ諸国と同様、若者たちは前の世代ほど麻薬(ドラッグ)をやらないし、熱心に勉強し、社会活動も活発に行っている。

However, this amicable behavior has its price; recent research also indicates that young people are more worried than their counterparts in the past.

しかし、お行儀のよい行動には「代償」が伴う。
最近の調査では、現代の若者は、前のどの世代よりも深い悩み・不安を抱えていることが明らかになっている。

Furthermore, a greater number of youth are diagnosed with conditions such as attention deficit hyperactivity disorder (ADHD). Increased pressure is also exerted on them to succeed in school now than in previous times.

現代では、大勢の若者がADHDなどの症状を患っていると診断されている。
「学校で良い成績を取らなければならない」というプレッシャーが、過去のどの世代よりも強くのしかかっている。

In fact, mental health problems are common among children and young people in the West, as well as in other parts of the world. The 2012 European Union (EU) Youth Report suggests that almost 10-20% of young people in Europe suffer from mental illnesses, while one out of five struggle with emotional or behavioral problems.

メンタルヘルスは、西洋の子どもたちにとっても共通の課題だ。
2012年のEUの調査報告によると、ヨーロッパの若者の20%が何らかの精神疾患を抱えており、5人にひとりが、精神的な問題で悩んでいる。

The increased global interest in yoga in recent decades is primarily due to the expectancy that yoga can calm the mind and increase overall health and well-being.

世界的にヨガへの注目が高まっている理由は、ヨガが人間の精神を安定させ、心身の健康を高めてくれるからだ。

A meta-analysis of articles suggests that “a growing body of evidence supports the belief that yoga benefits physical and mental health via down-regulation of the hypothalamic-pituitary-adrenal (HPA) axis and the sympathetic nervous system”

ヨガには、視床下部-下垂体-副腎系や交感神経系の活動を抑える働きがあり、身体的・精神的な健康の増進に寄与することが、数々の研究から明らかになってきている。

米国での調査:661名の生徒は、ヨガを実践して何をどう感じたか?

子供たちにヨガを教えるための体系的なメソッドをまとめたYoga Ed.(ヨガ・エド)という米国生まれの教育プログラムがあります。

そのYoga Ed.が、米国政府の助成金を得て、子供がヨガを実践することの効果を調べるための大々的な調査を実施しました。

Kids Yoga Research Study on Use of Yoga Tools in Classrooms

まず、Yoga Ed.認定インストラクターが、133名の体育教師を対象に、2日間のヨガ・トレーニングを実施。

トレーニングを受けた教師たちは、学校で、自らの生徒たちと、毎日ヨガ・プログラムを実践。

その結果を、生徒・生徒の親・教師たちが、アンケート形式で回答しました。

(集中力、幸福感、自己肯定感などの項目について、「ポジティブな変化があったかどうか?」を五段階で評価するもの)

ここでは、その調査結果のうち、661名の生徒から帰ってきた回答の集計結果について述べられた部分を抄訳したいと思います。

The results of the student surveys showed that yoga practice had produced positive changes in all the areas surveyed, since their average scores were all above the 3.5. When we examined the negative and positive responses, the overwhelming responses were positive.The most notable changes students had identified in the 18-question survey included the area of mental well-being and physical well-being

生徒を対象としたアンケート結果では、すべての項目において、平均点が3.5ポイントを上回った。

ヨガを実践したことにより、あらゆる側面でポジティブな変化が生じたことがこの調査から明らかになった。

中でも、とくに大きな変化が見られたのは、精神的幸福と身体状態に対する満足度であった。

The student survey data indicated that yoga practice yielded positive changes in the domains of mental, emotional, physical, and interpersonal growth. The most notable positive changes students had identified in themselves as a result of yoga practice include joy (mean = 4.18), self-esteem (mean = 4.21), enthusiasm (mean = 4.04), confidence (mean = 4.17), knowledge of human body (mean= 4.02), posture (mean = 4.01), energy (mean = 4.0), interpersonal relationships (mean = 4.02), sleep (mean = 3.90), and concentration (mean = 3.92).

ヨガを実践することにより、生徒の精神的、感情的、身体的、対人的な領域でポジティブな変化が生じたと生徒たちは回答している。

ヨガを実践した結果として、生徒たちがとくにポジティブな変化が生じたと自覚しているのは、以下のものだ。

  • 喜びの感情
  • 自己肯定感
  • 熱意
  • 自信
  • カラダの姿勢
  • 身体感覚
  • 対人関係
  • 睡眠の質
  • 集中力

まとめ

いくつかの論文を当たってみて、ヨガが、子供の心身の健康を保つための効果があることが、科学的にも証明されていることが分かりました。

(しかし、現代の若者が強い精神的ストレスに悩んでいるのって、世界共通の傾向なのですね…)

ヨガやマインドフルネスは、やはり、大人だけではなく、子供にも効果があるのですね。

妻との相談して、子供がヨガを楽しみながら実践できるヨガ教室を探してみようと思います。

ABOUT ME
モアイパパ
妻と子供ふたりの四人家族。 東京都武蔵野市在住。 ネット系IT企業勤務。 株式投資歴10年以上。投資の失敗経験もあり。 美味しいお酒と、音楽を聴くのが大好き。とくに、ジャズ、60年代~70年代の米国・英国のポップ音楽。